スマートフォン用の表示で見る

若水

一般

若水

わかみず

元日の早暁に汲む水。

元日の早暁に汲む水で、歳神(としがみ)に供え、口をすすいだり、雑煮などの料理に用いたり、福茶を沸かしたりする。古くは宮中で立春の朝に汲む水のことをいった。

 『合本 俳句歳時記(第四版)』角川学芸出版

 新年の季語。福水、若井、井華水(せいかすい)ともいう。