若生正廣

スポーツ

若生正廣

わこうまさひろ

高校野球指導者。

1950年9月17日生まれ、宮城県出身

元プロ野球選手の若生智男は実兄。

東北高等学校では主将・四番・エースで3年夏の甲子園出場。法政大学社会人野球・チャイルドを経て、指導者の道へ進んだ。

1987年埼玉栄高等学校野球部監督、1990年秋に母校・東北高等学校野球部のコーチ、1993年から同監督を務める。1995年に一時退任し、1997年に監督復帰。東北高校では春5度、夏2度の計7度の甲子園出場。2003年第85回全国高等学校野球選手権大会では、ダルビッシュ有を擁して準優勝を果たした。

2006年、九州国際大学付属高等学校野球部の監督に就任。2009年夏、第91回全国高等学校野球選手権大会に出場、同校を27年ぶりの甲子園出場に導く。2011年には、東日本大震災宮城の自宅が被災したが、直後の第83回選抜高等学校野球大会で準優勝に輝いた。

2015年埼玉栄高等学校野球部監督に復帰。