スマートフォン用の表示で見る

若草

若草

わかくさ

松平不昧公が愛した茶菓子の一つ。

茶事十二ヶ月」に於いて春の茶菓子として挙げられていた。


年月と共に製造がいったん途絶えるも、

明治初期に松江彩雲堂初代店主が古老、茶人の言い伝えを元に復元。

求肥に薄緑の寒梅粉をまぶしている。