スマートフォン用の表示で見る

若林忠志

スポーツ

若林忠志

わかばやしただし

プロ野球選手・監督。通称「BOZO」。日系二世。

右投右打、ポジションは投手背番号は18→30→33番。

1908年3月1日生まれ。ハワイオアフ島出身。

マッキンレー高校で1年先輩の田中義雄の指導で投手になり、ハイスクールに在籍しながらハワイ朝日軍で活躍。

1928年、日系チームのメンバーとして来日。本牧中から法政大に進学し東京六大学野球で活躍。

ノンプロ川崎コロンビアを経て、1936年1月9日、大阪タイガース創立と同じに入団。契約金は当時破格の3000円。

七色の変化球」を武器に、タイガースのエースとて活躍。

1939年には主将として、48試合に登板し30勝を挙げる。

1940年、助監督を兼任。日本国籍を取得。

1942年、阪神選手兼任監督となる。

戦後、ノンプロで活動していたが、9月に大阪タイガースに復帰。

1947年、再び監督を兼任。

1950年毎日オリオンズ創立の際に別当薫呉昌征、本堂保次?と共に移籍。

同年、兼任で監督*1を務め、パ・リーグ初の優勝に輝く。

1953年、三度選手兼任で監督を務める。同年、現役引退。営業担当取締役に就任。

1955年トンボユニオンズ1956年高橋ユニオンズのコーチ兼任顧問となる。

1961年大洋ホエールズの臨時二軍投手コーチに就任。

1963年、西鉄ライオンズヘッドコーチに就任。外国人選手を呼び寄せる。


1964年野球殿堂入り。


1965年3月5日、逝去。プロ野球葬が行われる。

*1:実際の指揮は湯浅禎夫総監督が務めた。