弱冠

一般

弱冠

じゃっかん

もともとは「男子の二十歳」を指す言葉。転じて(誤って)、年若くして〜と言う意味にも使われるようになり、現在は定着しつつある。また、「若干」という誤記が多い。

弱は、二十歳を現し、男子が二十歳にして成人すると冠をかぶせる風習から「弱冠」と呼ばれたらしい。