弱冷車 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

一般

弱冷房車

じゃくれいぼうしゃ

冷房を弱くしている鉄道車両のこと。弱冷車。一つの編成のうち1〜2両について、冷房の設定温度を1〜2度ほど上げている。

スーツを着た男性が強い冷房を好む一方、車内の冷房が強すぎるとの意見もあり導入された。

1984年京阪電鉄を皮切りに各社へ拡大が進んでいる。