主幹

社会

主幹

しゅかん

1.仕事の中心となる人のこと。

2.国の機関や地方公共団体民間企業などに置かれている役職の1つ。日本の国の機関の場合、一部の中央官庁の課に課長の下位の管理職として置かれる政令職(準課長級)や、地方支分部局の管理職として主幹の職名を用いる例がある。しかし、内閣法制局の官房長相当職の総務主幹、議院法制局の局長級スタッフ職の法制主幹、国立国会図書館の次長級スタッフ職の主幹など、例外も多い。地方自治体では課長補佐級または係長級のスタッフ職の職名として用いている場合が多いが、主幹相当の職名を「主査」と言っている自治体もある。民間企業の場合、役員クラスから課長クラスまで主幹の位置づけは会社により様々である。