スマートフォン用の表示で見る

守安祥太郎

音楽

守安祥太郎

もりやすしょうたろう

1924年東京生まれ。大学卒業後、会社勤めをしているうちにジャズに興味を持つ。1949年(昭和24)三原橋「新興キャバレー」のコンボに入り、ジャズの世界に足を踏み入れる。当時の最先端ジャズビバップ〉に傾斜し、1952,3 年頃には第一線のジャズ・プレイヤーとして認められる。

1953年宮沢昭(ts)、平岡昭二(ds)らと上田剛(b)のフォー・サウンズに参加。幻のモカンボ・セッション(1954年)の後は、沢田駿吾(g)率いるダブル・ビーツに参加。

ピアノの下にもぐり込んで腕を伸ばしたり、後ろ向きの姿でピアノを弾くという演奏は当時非常に話題となった。ステージ合間の休憩時間までピアノを弾き続けたという伝説の天才ピアニスト




1955年9月28日、東京目黒駅で電車に飛び込み自殺

幻のモカンボ・セッション’54

幻のモカンボ・セッション’54

そして、風が走りぬけて行った―天才ジャズピアニスト・守安祥太郎の生涯

そして、風が走りぬけて行った―天才ジャズピアニスト・守安祥太郎の生涯