スマートフォン用の表示で見る

守護大名

一般

守護大名

しゅごだいみょう

室町時代守護半済令などの影響で封建領主化してこう呼ばれるまでに至る。

鎌倉時代世襲守護(領主というより官吏)が封建領主化したケースが多い。

応仁の乱以降の下剋上の世を生き残り、そのまま戦国大名となった者もいる。