守備妨害

スポーツ

守備妨害

しゅびぼうがい

野球における反則行為の一つ。

守備をしようとした野手をさえぎったり、阻んだり、混乱させたりする行為。

守備妨害が発生した場合には、原則としてボールデッドとなる。

審判員はタイムを宣告してボールデッドにした上で守備妨害(インターフェア)を宣告し、必要な処置をとる。