守敏

一般

守敏

しゅびん

?〜?

平安時代前期の僧。出自については不詳。

大和国石淵寺の勤操らに三論や法相を学び、真言密教にも通じた僧である。また、東寺の僧であった空海とは何事にも対立していたと言われている。