手のひら静脈認証

サイエンス

手のひら静脈認証

てのひらじょうみゃくにんしょう

富士通が開発した世界最高レベルの生体認証技術。手のひらの静脈像を撮影し、その模様の違いで個人を識別する。手のひらの静脈の本数の多さ、複雑さが他の部位より圧倒的に有利。この情報量の多さを背景に、接触から非接触まで様々用途で使用できる。もっともセキュリティレベルを厳しく要求される日本の金融分野での適用を最初に切り開いた技術であり、技術力、完成度の高さで国内はもちろんのこと海外でも表彰された技術。