手淫

一般

手淫

しゅいん

オナニー

自慰行為は忌むべきものであるとされていた明治初期に考案された言葉。

後々この行為における後ろめたい感情を払拭する為に、小倉清三郎によって「自らを慰める」という意味の「自慰」が作られた。

伊集院光及びそのラジオリスナーが好んで用いる。むしろ風流。