朱印船貿易

読書

朱印船貿易

しゅいんせんぼうえき

船舶の渡航証明書である朱印状を使用した江戸幕府公認の貿易のことであり、西国の大名や京都・堺(大阪府)・長崎などの商人が、東南アジアなどへ船を出して行った貿易。

渡航