スマートフォン用の表示で見る

狩魔豪

ゲーム

狩魔豪

かるまごう

逆転裁判に登場する天才検事。映画版「逆転裁判」では、石橋凌が怪演した。指をパチンとならすしぐさがクセとなっている。

どんな手段を使っても犯罪者を徹底的に有罪にするという信念を持ち、40年間すべての被告人から有罪判決をもぎ取ってきた。その強引ともいえるやり方から、検察局では彼の黒い噂が常に上がっていた。

自他ともに厳しく「狩魔は完璧をもってよしとする」という言葉通り、法廷で敵う弁護士は皆無に等しかった。御剣怜侍の父・御剣信だけは狩魔のやり方をよく思わず、法廷で勝って彼の悪事を白日の下に晒そうと尽力してきた。

法廷記録上、40年間無敗の記録を持つとされるが、その背後では彼の徹底した不正行為によって無敗記録が支えられていた。それは、彼が徹底的に手なずけた証人やねつ造した証拠による隙のない展開である。過去に一度だけ、某事件での公判で、証拠品の違法性を御剣信に立証されてからは、初めて長期休暇をとっている。

逆転裁判2では、死亡した父の無念を娘の狩魔冥が晴らすと言う設定になっているが、逆転検事では御剣の新人時代のシナリオに登場する。