スマートフォン用の表示で見る

狩野芳崖

アート

狩野芳崖

かのうほうがい

1828−1888 。江戸期と明治期の橋渡しをして、近代日本画に革新をもたらした男。死の数日前に描きあげた「悲母観音」は絶品である。