スマートフォン用の表示で見る

種苗法

社会

種苗法

しゅびょうほう

植物の新品種の創作に対する保護を定めた日本の法律。植物の新たな品種(花や農産物等)の創作をした者は、その新品種を登録することで、植物の新品種を育成する権利(育成者権)を占有することができる旨が定められている。

現在の種苗法は、1991年に改正された植物の新品種の保護に関する国際条約International Convention for the Protection of New Varieties of Plants、略称:UPOV条約UPOVは本条約を管理する植物新品種保護国際同盟の仏文略称))を踏まえて、旧種苗法(昭和22年法律第115号)を全部改正したものである。

育成者権における権利の形態は、特許権実用新案権のしくみと非常によく似ており、たとえば、優先権や専用利用権、通常利用権、先育成による通常利用権、裁定制度、職務育成品種など、多くの共通点を有している。