腫瘍マーカー

サイエンス

腫瘍マーカー

しゅようまーかー

臨床検査で使われている、その腫瘍が産生する特異的な物質を、主に血液中(血清中)で測定可能なもの。特異的な物質といっても、正常細胞も産生する物もあるため、異常値だからといって、即腫瘍の存在を意味するものではないし、基準範囲内であっても腫瘍が存在する場合もあるので、診断の補助的目的で用いる。抗原抗体反応を利用したイムノアッセイ法で測定するのが一般的である。