スマートフォン用の表示で見る

酒井忠康

アート

酒井忠康

さかいただやす

1941年北海道生まれ。慶応義塾大学文学部美学美術史学科卒業。神奈川県立近代美術館館長を経て、現在、世田谷美術館館長。『海の鎖』は、幕末明治期の美術を対象として、第一回サントリー学芸賞を受賞。その後、美術評論家として活躍。