首吊り自殺

一般

首吊り自殺

くびつりじさつ

首を吊って死ぬこと。自殺する場合にもっとも多くとられる方法である。


窒息死ではなく脳への血流が止まることによって死に至るので、苦痛は無いらしい。

ただし実際に首を吊るとなると、息などが止まることによる苦痛により、未遂に終わることが多いという。

また、首吊りをする事で「自律神経の機能停止や重力の関係で、死体は糞尿が垂れ流しになる」という都市伝説があるが、どうやらガセらしい。

余談:
日本の死刑絞首刑で行なわれるが、受刑者が首吊り縄に頭を差し入れた後に足元の床を開放させる事によって起きる「頚部への衝撃」によって死に至らしめるもので、いわゆる「首吊り」での死とは多少異なる。