圏央道 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

地理

首都圏中央連絡自動車道

しゅとけんちゅうおうれんらくじどうしゃどう

首都圏中央連絡自動車道は、東京中心部から40〜60kmの位置に計画され、一部が供用されている環状の自動車専用道路一般国道468号に指定されている。通称は「圏央道」。

計画では起点が横浜市、終点が木更津市で、総延長は約300kmとなる。

現在圏央道として供用されているのは、、海老名JCT〜境古河IC、つくば中央IC〜大栄JCT、松尾横芝IC〜木更津JCTである。このほか、並木IC〜釜利谷JCT横浜横須賀道路金沢支線・藤沢IC〜茅ヶ崎中央ICが新湘南バイパスとして供用されている。

既開通区間のIC・JCTと接続道路

茅ヶ崎区間

NEXCO中日本管理。

海老名八王子区間

NEXCO中日本管理。

鶴ヶ島区間

NEXCO東日本管理。八王子区間と接続済。青梅から鶴ヶ島JCTまでは“圏央道として”初めて開業した区間

久喜区間

NEXCO東日本管理。

つくば区間

NEXCO東日本管理。

東金区間

NEXCO東日本管理。1998年に千葉東金道路として開通した区間木更津区間と接続済。

木更津区間

NEXCO東日本管理。2013年4月27日供用開始。東金区間と接続済。

*12014年度中供用開始予定

目次