スマートフォン用の表示で見る

首都消失

読書

首都消失

しゅとしょうしつ

小松左京の小説。

突如東京が巨大な霧の柱に包まれた!物理的電磁的に隔絶され首都としての機能を失ってしまった東京アメリカが動き出したという情報も入り、国民の混乱は広がる一方。果たしてこの事態を解決する術はあるのか?未曽有のパニック小説!

このキーワード編集待ちキーワードです。 説明文の追記などをして下さるユーザーを求めています。