スマートフォン用の表示で見る

首里手

一般

首里手

しゅりて

かつての琉球王国の手 (沖縄武術)から発展して空手のルーツとなった唐手の系統の1つ。琉球王府のあった首里に住んでいた首里士族によって継承されてきたものである。柔軟性重視の唐手となっている。