儒家神道

一般

儒家神道

じゅかしんとう

日本の江戸初期に儒家によって唱えられた神道説。神儒一致を説き、神道の道義的意義を宣揚した。林羅山の神儒一致論、雨森芳州の神主儒従の理論、貝原益軒の儒主神従の理論などがある。