受肉

一般

受肉

じゅにく

神の子キリストが、ナザレのイエスという人間となって現れること。神が肉体を獲得し人間の形を持つこと。キリスト教根本教義のひとつ。託身とも。

仏教における応身化身とも)。