呪術

サイエンス

呪術

じゅじゅつ

「超自然的な力のコントロール(制御)」が呪術の最小限の定義である。一般には、超自然的な――自然科学では説明できない――力、作用を通して、術者の意図した作用を及ぼそうとする技術体系である。自然科学が正統的な教説として通用する社会では、呪術は迷信や通俗的な風習であるが、呪術を扱い、それを信じる人たちの信念体系からみると理路整然とした観念や用具が発達していることがわかる。