スマートフォン用の表示で見る

収穫逓増の法則

一般

収穫逓増の法則

しゅうかくていぞうのほうそく

生産規模が2倍になると生産がさらに効率的になり、生産量が2倍以上になるという法則。そして、その法則に基づいて行動し、一定の市場で最初に最大のシェアを奪った企業だけが最大の利益を得て、結果的には勝ち残るという考えである。一般的にはニューエコノミー起業家が信奉する考えである。