スマートフォン用の表示で見る

宗教はアヘンである

一般

宗教はアヘンである

しゅうきょうはあへんである

カール・マルクスの言葉 厳密にはもっと長い言葉である。

出典はマルクスの初期の著書である『ヘーゲル法哲学批判序論』であり、マルクスの友人であった

ハインリッヒ・ハイネの詩から引用したものだとされる。

なお、当時のドイツではアヘンは痛み止めの薬として使われており、

マルクス自身も痛み止めであると説明している。

よって、「宗教はその場しのぎの解決策に過ぎない」、「宗教に頼っても本質的な解決にはならない」

といった意味合いの方が近いと思われる。

宗教は麻薬のように危険なものである」という解釈は、は間違った解釈だと思われる。