スマートフォン用の表示で見る

宗教戦争

社会

宗教戦争

しゅうきょうせんそう

宗教上の対立が原因もしくは主因とみなされる戦争。

多くの場合、他の政治的・経済的な対立も原因として存在していることが多い。

が、だからといって逆に現代的に解釈して、「宗教対立は名分に過ぎない」と断定するのも、それはそれで誤断に通じやすい道である。