スマートフォン用の表示で見る

宗谷

一般

宗谷

そうや

大日本帝國海軍輸送艦

海上保安庁所属の大型灯台補給船

海上保安庁所属の砕氷船南極観測船


あらまし

 昭和11年、ソ連からの注文で長崎県の川南造船所で3隻進水した貨物船のうちの一隻。ソ連が突然一方的に契約破棄してきたため、昭和13年、この3隻を辰浪汽船が引き取った。そのうちの地領丸(ソ連名ボロチャエベツ)を昭和15年、日本海軍が購入し輸送船「宗谷」と命名した。

 当初、千島列島日本海北部の軍需品輸送を想定されていた宗谷だったが、太平洋戦争では占領後の香港測量や、ガダルカナル島への陸兵輸送に使用*1された。

 戦後、海上保安庁所属の大型灯台補給船となったが、昭和31年の国際地球観測年に日本が協力した際、南極観測船に改造された。

 昭和54年に第一線を退き、現在は東京船の科学館に繋留展示されている。



南極観測船としての要目

進水:1937年12月

就役:1938年6月

南極観測:第1次〜第6次

所属:海上保安庁

基準排水量:2,736t

満載排水量:4,849t

全長:83.6m

全幅:12.8m

深さ:9.3m

主機械:ディーゼル2軸

馬力:2,400HP

速力:13knt

砕氷能力:1m

*1:ただし宗谷によるガ島輸送は途中で中止