宗谷総合振興局

地理

宗谷総合振興局

そうやそうごうしんこうきょく

宗谷総合振興局北海道の振興局。旧・宗谷支庁

振興局所在地は稚内市で、1市8町1村からなる。

面積は4,625.13km²、人口は73,449人*1

地勢

北海道の北部に位置し、東部はオホーツク海、西部は日本海南部上川留萌及びオホーツク地方に接し、北部は宗谷海峡を経てサハリン(旧樺太)を望み、さらに日本海にある利尻礼文島を含む。

管内は、南北にまたがる低山性の北見山地が振興局の境界となってオホーツク海にのび、東部は平坦な臨海地、西部は広大なサロベツ原野を経て日本海に接し、南部は徳志別・幌別・頓別の各河川の流域が平野を形成して、オホーツク海に続いている。また、利尻島は円形で中央に成層火山利尻山(海抜1,721m)があり、礼文島は南北に細長い丘陵地帯となっている。

*1:2010年度国勢調査(速報値)、全道の約1.3%

目次