スマートフォン用の表示で見る

秋月城

地理

秋月城

あきづきじょう

福岡県朝倉市野鳥にかつてあった城。秋月陣屋とも呼ばれている。1203年に秋月種雄が築城。1587年に九州征伐に乗り出した豊臣秀吉に秋月氏12代の秋月種実が敗れ日向国高鍋に移封。それに伴い廃城された。しかし、1624年に福岡藩主黒田長政の三男の黒田長興が福岡藩2代忠之より夜須、下座、嘉麻の範囲で5万石を分封され、廃城となっていた秋月城を大幅に改修し、陣屋を置いた。1971年に廃城となり払い下げられた後、現在跡地には、黒田長興を祀った垂裕神社が建てられている。現在、堀、石垣、裏門であった長屋門、旧大手門である黒門が垂裕神社の神門として移築されている。