スマートフォン用の表示で見る

秋山好古

一般

秋山好古

あきやまよしふる

松山藩士秋山久敬の三男として松山市歩行町に生まれる。海軍中将秋山真之の実兄。

明治10年,陸軍士官学校騎兵科を志す。明治16年,陸軍大学を経て明治20年フランスへ留学。日清戦争では、騎兵大隊長、後に騎兵学校長となり、明治陸軍の騎兵科を強化発展させ、騎兵の父として仰がれた。日露戦争では騎兵第一旅団長となり、世界最強のコサック騎兵と奉天会戦等で戦い、大功があった。第一及び近衛師団長を経て、大正5年大将となった。朝鮮軍司令官、教育総監軍事参議官と陸軍の要職を務めた。その後,乞われて北予中学(現松山北高等学校)の校長となり、後進の育英に尽力した。

 

司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」では,弟真之とその親友正岡子規の三人が主人公として,それぞれに語られている。