スマートフォン用の表示で見る

秋山定輔

一般

秋山定輔

あきやまていすけ

1868〜1950 明治・大正期の政治家ジャーナリスト社会運動家。岡山県出身。

東京大学卒業。1890年法制局試補に任ぜられる。

1893年大井憲太郎・神鞭知常?(コウムチ・トモツネ)らと大日本協会の機関誌報道中心の日刊新聞「二六新報」を創刊、社長となる。

1895年、売行不振で休刊となり、1900年再刊、大衆的新聞となる。

1902(明治35)代議士日露戦争のとき、スパイ「露探」の嫌疑を受け、1904年辞職。1905年日露講和条約反対の日比谷焼打事件に関係する。

黎明期労働運動を支援。のち宮崎滔天らと親交を重ね、孫文の革命運動を支援し、大陸問題で政界の黒幕的存在となった。