秋山登

スポーツ

秋山登

あきやまのぼる

プロ野球大洋ホエールズの選手・監督。

右投右打、ポジションは投手背番号は17番*1

1934年2月3日生まれ。岡山県出身。

岡山東高、明大を通じて土井淳バッテリーを組み、大学通算で33勝18敗を記録。

1956年土井淳とともに大洋ホエールズに入団、1年目から25勝を挙げ、新人王を獲得した。

以降、ホエールズのエースとして活躍し、9年連続で2桁勝利を記録した。入団から9年連続50試合以上登板はプロ野球記録。

1960年、21勝10敗、防御率1.75でチーム初優勝の原動力となり、MVPを獲得した。

1962年には72試合登板、26勝の自己最多を記録。

1960年代を代表する投手で、島田源太郎鈴木隆稲川誠とともにホエールズ投手陣を支えた。

アンダースロー投手として知られ、1962年9月25日と9月26日には、2リーグ分裂後では唯一の2日連続完封を記録した。

また、ダブルヘッダーで1日に2勝を通算5回記録し、これもプロ野球記録である。

1967年、現役引退。酷使による活躍で実働わずか13年であった。

1968年より、大洋ホエールズのコーチに就任。1974年まで務める。

1975年大洋ホエールズの監督に就任。1976年退団。

退団後はテレビ神奈川野球解説者を務めた。

1998年の横浜ベイスターズ優勝時には涙を流して喜んでいた。


2000年8月12日、逝去。


2004年、野球殿堂入り。