スマートフォン用の表示で見る

秋津島

一般

秋津島

あきつしま

日本の異称、古語。古事記には「大倭豊秋津島」(おおやまととよあきつしま)、日本書紀には「大日本豊秋津洲」(おおやまととよあきつしま)と記されている。

秋津は蜻蛉(とんぼ)のことであり、孝安天皇の都の名(室秋津島宮)に由来するとされている。日本書紀では、神武天皇が山々の連なりがつながって飛んでいるトンボのようだと言った、古事記では、雄略天皇の腕にとまったアブをトンボが食べた、といったエピソードが名前の由来として紹介されている。

蜻蛉島ともよばれる。