終戦直後

一般

終戦直後

しゅうせんちょくご

日本では一般に、太平洋戦争第二次世界大戦)が終了してからの数年間、おおよそ1945年1950年を指すことが多い。

都会では空襲後の廃墟の間に住む浮浪孤児や、進駐軍(占領軍)である米軍兵士の姿があちこちに見え、人々が経済の混乱や貧困から脱出しようと日々の生活を送っている中、アメリカから持ち込まれた音楽や食料物資などがまぶしく見えた時代でもある。