スマートフォン用の表示で見る

衆道

読書

衆道

しゅどう

男色恋愛の歴史的な呼び方。「若衆道」の略。別名「若道」、「若色」という。

戦国時代は、義兄弟の契りに通じる関係性でもあった。

実は近代までの日本では割と一般的に行われていた。

一般的には、壮年男性が、元服前の少年を愛すること。武士の主従の間や、僧侶たちなどで、盛んであった。