週刊ジャンプ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

マンガ

週刊少年ジャンプ

しゅうかんしょうねんじゃんぷ

集英社発行の週刊少年漫画雑誌。1968年創刊。翌年から週刊化した。

原則的に毎週、月曜日に発売される。

ライバル誌「週刊少年サンデー」「週刊少年マガジン」より後発だが、漫画家専属契約制度、アンケート至上主義、10週打ち切り制などにより、急速に人気を伸ばしていった。1994年12月には、発行部数653万部を達成。

価格

  • 1980年代170円〜190円
  • 1990年代190円〜220円(97年に消費税5%上昇)
  • 2000年代230円〜250円

特徴

編集方針「友情・努力・勝利」
仲間との協力、努力による挽回・成長、勝利後には敵とも友情を育む、といったパターンである。
代表作「ジャンプ黄金時代
ドラゴンボール」「北斗の拳」などアニメ化、TVゲーム化され、広く浸透した。「北斗の拳」以後、オーラという言葉が世に知れ渡った。
「能力格闘系漫画」
ドラゴンボール」の気、「聖闘士星矢」のクロス、「ジョジョの奇妙な冒険」の波紋、スタンド。「HUNTER×HUNTER」の念など。売れ線マンガの方向性を作った。
「超人スポーツ漫画
キャプテン翼」のタイガーショットスカイラブハリケーンに代表される、人間離れした技が多用された。

アニメ化

連載終了作品

2009年連載終了作品

2008年連載終了作品

過去の連載終了作品

など


過去の人気連載作品