スマートフォン用の表示で見る

週刊少年マガジン

マンガ

週刊少年マガジン

しゅうかんしょうねんまがじん

講談社発行の週刊少年漫画誌。1959年3月創刊。発売日はサンデーと同じ水曜日。

少年漫画誌では週刊少年ジャンプに次ぐ2位の発行部数を誇る。

特徴

メインとなる漫画の傾向は、スポ根系→ヤンキー系&ミステリー系→バトル系&萌え系と、年代ごとに移り変わっているが、基本的にはバラエティに富んだ構成になっているのが特徴。最近ではショート漫画に重きが置かれているようだ。

重箱の隅をつつくような、非常に細かい設問のアンケートを実施している。

人気がないと判断された作品は、通常は打ち切られるが、作品によっては兄弟誌であるマガジンSPECIALマガスペ)に移動して連載続行する例も見られる。

傾向の変化

他の少年漫画誌と同じく、マガジンでも生え抜き作家による作品が支配的であるが、2003年末から2004年始めにかけて、CLAMP大暮維人能條純一板垣恵介などマガジン出身ではない作家を大量投入している。一種の市場実験か、発行部数の下落を食い止めるためのテコ入れ策かと思われたが、結果として「ツバサ」「エア・ギア」などの数作品が残るのみとなっている。

また、2004年から編集長が交代。巻末に作者のコメント欄を掲載したり(従来マガジンは作者コメントを掲載しない方針を貫いていた)、ヌード表現の規制を一部解禁したりと変化が見られる。

レポート漫画「もう、しませんから。」の連載によって、漫画家達の舞台裏が見えやすくなったことも変化としては大きい。

アニメ化・ドラマ化

マガジンは伝統的に「アニメ化は重視されておらず、むしろ実写ドラマ化を志向している」イメージが強いが、それは他誌と比較してのことで、実際はアニメ化作品も数多く作られている。

ドラマ化作品では主役を変えて2回ドラマ化された「金田一少年の事件簿」を筆頭に、「将太の寿司」「GTO」「サイコメトラーEIJI」「クニミツの政」「MMR」「シバトラ」「BLOODY MONDAY」などが挙げられる。

またアニメ化作品では、古くは「巨人の星」「あしたのジョー」「天才バカボン」「あした元気になあれ」、近年では「金田一少年の事件簿」「中華一番!」「GTO」「RAVE」「GetBackers-奪還屋-」「魁!!クロマティ高校」「School Rumble」「魔法先生ネギま!」「ツバサ」「涼風」「さよなら絶望先生」などがある。

現在連載中の漫画(2010年12月現在)