集中豪雨

サイエンス

集中豪雨

しゅうちゅうごうう

限られた範囲に突発的に降る大量の雨。集中豪雨と表現される雨の明確な定義はされていない。

1953年8月15日の京都府・南山城の豪雨を報じる新聞記事が「集中豪雨」という表現を使ったのが始め。