スマートフォン用の表示で見る

十河一存

一般

十河一存

そごうかずなが

三好元長の四男、十河景滋の養子となる。

実子義継は兄三好長慶の養子となり、兄義賢より存保を養子とする。

永禄3年(1560年)河内守護の畠山高政と戦い、河内を支配下におく。

翌年亡くなるが、死因は落馬が元とも、松永久秀に毒殺されたとも言われる。