十干

一般

十干

じっかん

じっかん【十干】 甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の総称。これを五行(ごぎょう)に配し、おのおの陽すなわち兄(え)と、陰すなわち弟(と)をあてて甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)などと訓ずる。普通、十干十二支とは組み合わせて用いられ、干支(かんし)を「えと」と称するに至った。

十干
こうきのえ木の兄
おつきのと木の弟
へいひのえ火の兄
ていひのと火の弟
つちのえ土の兄
つちのと土の弟
こうかのえ金の兄
しんかのと金の弟
じんみずのえ水の兄
みずのと水の弟

広辞苑

年の十干

西暦年の下一桁によりその年の十干が決まる。

下一桁十干
4
5
6
7
8
9
0
1
2
3