スマートフォン用の表示で見る

十五夜

一般

十五夜

じゅうごや

新月から数えて15日目の夜。旧暦15日の夜。この日は満月となる。

とくに旧暦8月の十五夜は「中秋の名月」として月を鑑賞する風習がある。この風習は中国から伝わってきたもの。

芋を供えることから、「芋名月」とも呼ばれる。

行事としての十五夜

日本では月が見えるところ等に月見団子とススキを飾ったり、季節の収穫物を備えたりして、酒宴を設けて月の鑑賞に興じるものとされる。

雨が降った場合には「雨月」、曇って月が見えない場合には「無月」等と呼んでかすかに見える月を楽しむ。

旧暦9月13日に十三夜があるが、十五夜十三夜のうちどちらかだけしか月を見ないことを「片見月」と言われ、縁起が悪いとされている。