十三宗五十六派

一般

十三宗五十六派

じゅうさんしゅうごじゅうろっぱ

日本において、宗教団体法が施行される、1940年以前に日本の仏教の成立から見て、教義や伝統などがその根本にある宗派のこと。「十三宗」とは、それぞれの宗旨のことで、「五十六派」とは、それぞれの分派のことである。

宗教学上で日本の仏教の伝統宗教と定義されるは、この五十六宗派に基づく。また、歴史教科書に書かれる鎌倉祖師たちの宗名は宗旨のことである。ただし、法相宗華厳宗律宗融通念仏宗曹洞宗時宗黄檗宗は、宗派に分かれていないため、宗旨と宗派が同一である。また天台宗浄土宗日蓮宗のように宗派名が宗旨名と同一の場合でも、他派を従属するものではなく、本末や包括関係もない。

1940年4月1日に宗教団体法が施行され、宗教団体は認可性なった。施行後、「十三宗五十六派」から一部の宗派が合同し、「二十八宗派」が認可された。その後、1945年12月28日に法律は廃止され、同時に宗教法人令が施行され、宗教団体は認可から届出に変更となった。1951年4月3日には宗教法人法が施行され、「二十八宗派」の一部が独立したりした。