スマートフォン用の表示で見る

十三仏

一般

十三仏

じゅうさんぶつ

日本で考えられた、冥界の審理に関わる13の仏のこと。初七日から三十三回忌までの13回の追善供養仏事に本尊とされる仏や菩薩の総称である。室町時代ごろに十王信仰などと関係して民間に広まった。