スマートフォン用の表示で見る

十勝平野断層帯

サイエンス

十勝平野断層帯

とかちへいやだんそうたい

十勝平野断層帯は、北海道の十勝平野にほぼ南北に分布する活断層帯で十勝平野断層帯主部と光地園断層からなる。主要活断層帯に指定されている。

十勝平野断層帯主部は、北海道足寄郡足寄町から帯広市などを経て広尾郡忠類村に至る断層帯。長さは約84kmで、ほぼ南北方向に延びており、断層の東側が相対的に隆起する逆断層

光地園断層広尾郡大樹町から同郡広尾町に至る断層。長さは約26kmで、北西-南東方向に延びており、断層の東側が相対的に隆起する逆断層

過去の活動

十勝平野断層帯主部の平均的な上下方向のずれの速度は0.3-0.4m/千年程度の可能性がある。既往の調査研究成果による直接的なデータではないが、経験則から求めた1回のずれの量と平均的なずれの速度に基づくと、平均活動間隔は1万7千-2万2千年程度であった可能性がある。

光地園断層の平均的な上下方向のずれの速度は約0.1-0.2m/千年の可能性があり、活動時には、断層の東側が西側に対して相対的に1.5m程度隆起した可能性がある。最新活動と1つ前の活動が約2万1千年前以後にあったと推定されるが、それぞれの活動時期を特定することはできない。また、平均活動間隔は7千-2万1千年程度の可能性がある。

将来の活動

十勝平野断層帯主部は、全体が1つの区間として活動する場合、マグニチュード8.0程度の地震が発生する可能性がある。その時、断層の近傍の地表面では東側が西側に対して相対的に6-7m程度高まる段差や撓みが生じる可能性がある。本断層帯では、過去の活動が十分に明らかではなく、最新活動時期が特定できていないことから、通常の活断層評価とは異なる手法により地震発生の長期確率を求めている。そのため信頼度は低くなるが、今後30年の間に地震が発生する可能性が、我が国の主な活断層の中ではやや高いグループに属することになる。

光地園断層は、全体が1つの区間として活動する場合、マグニチュード7.2程度の地震が発生する可能性があり、その時、断層の近傍の地表面では東側が西側に対して相対的に1.5m程度高まる段差や撓みが生じる可能性がある。本断層では、過去の活動が十分に明らかではなく、最新活動時期が特定できていないことから、通常の活断層評価とは異なる手法により地震発生の長期確率を求めている。そのため信頼度は低くなるが、今後30年の間に地震が発生する可能性が、我が国の主な活断層の中ではやや高いグループに属することになる。