十全の守護

一般

十全の守護

じゅうぜんのしゅご

人間を生かし育てる10の守護。

天理教では、この世は、親神の身体であって、世界は、その隅々にいたるまで、親神の恵に充ちているとしている。そして、その恵は、有りとあらゆるものの生命の源であり、すべての現象の元である。つまり、私たちの命はいうに及ばず、天地自然の間に行われる法則、人間社会における秩序など、ことごとく、親神の守護によるのである。

その守護の理は、これに、神名を配して、説きわけられている*1

  • くにとこたちのみこと国常立尊
    • 人間身の内の目うるおい、世界では水の守護の理
  • をもたりのみこと面足尊
    • 人間身の内のぬくみ、世界では火の守護の理
  • くにさづちのみこと国狭槌尊
    • 人間身の内の女一の道具、皮つなぎ、世界では万つなぎの守護の理
  • つきよみのみこと月読尊
    • 人間身の内の男一の道具、骨つっぱり、世界では万つっぱりの守護の理
  • くもよみのみこと雲読尊
    • 人間身の内の飲み食い出入り、世界では水気上げ下げの守護の理
  • かしこねのみこと惶根尊
    • 人間身の内の息吹き分け、世界では風の守護の理
  • たいしょくてんのみこと大食天尊/帝釈天
    • 出産の時、親と子の胎縁を切り、出直しの時、息を引きとる世話、世界では切ること一切の守護の理
  • をふとのべのみこと大戸辺尊
    • 出産の時、親の胎内から子を引き出す世話、世界では引き出し一切の守護の理
  • いざなぎのみこと伊弉諾尊
    • 男雛形 種の理
  • いざなみのみこと伊弉冉尊
    • 女雛形 苗代の理