スマートフォン用の表示で見る

柔道

スポーツ

柔道

じゅうどう

1882年嘉納治五郎講道館を創立して、柔術を改良して創始した格闘技。心身を鍛練し、その力を最も有効に使用する道を体得させようとするもの。

世界中で盛んに行われており、オリンピックの正式種目にもなっている。また、日本では男子の体育の授業に取り入れられている。

国際競技団体は国際柔道連盟(IJF)、日本の統括団体は全日本柔道連盟全柔連)。

夏季オリンピック柔道競技

  1. 男女とも1日1階級ずつ1回戦から決勝まで行う。国際柔道連盟ルールが適用され、決まり技の名称もこれに準拠する
  2. 敗者復活戦(ダブルリペチャージ)には、準決勝進出者と直接対戦して負けた選手だけが出場できる
  3. 敗者復活最終戦が3位決定戦となり、3位は2人。3位決定戦の敗者2人が5位。敗者復活戦で3位決定戦の前の試合で敗れた2人が7位となる
  4. 試合時間は男女とも5分
  5. ゴールデンスコア方式 - 5分が経過して両者ポイントで並んでいる場合は「ゴールデンスコア方式」の延長戦を行う。延長戦はどちらかが先にポイントを奪った時点で試合終了。延長5分が経過してもポイントで並んでいる場合は旗判定