スマートフォン用の表示で見る

重機関銃

一般

重機関銃

じゅうきかんじゅう

 口径12.7mm程度まで*1のライフル弾をフルオートで発射する機関銃銃器の一つ。口径に関わらず、車両や船舶に積載したり、三脚や四脚の銃架に載せて、複数名で運用することが多い。軽機関銃との区別は重さや口径でなされる*2事も多いが、運用方法で区別される場合もある。

 その為、本体自体は同一の物であっても、三脚架に載せ固定して運用する時は重機関銃、兵が手持ちで運用する時は軽機関銃とする場合もある。

*1:これ以上になると機関砲と呼ばれることがある

*2:定義はまちまち